泣きたいときは泣けばいい
でもそんな理屈 通じない日もある
優しい言葉探しても
見つからなくてうつむいていた

汚らしい優しさなど 捨ててしまえばいい
そう思っていたけど
足りないものばかりで嫌になる
またこんなものにすがって生き延びて

ここにいて手を離さないで
どこに行っても誰かいるって思ってた
昨日の静寂が僕にそれは違うって
それは違うって言ってた


冷たい手にも雨は降り
時に優しく僕は包み込まれる
楽しい言葉探すなら
うつむいていちゃダメだよなんて

嘘だらけの現実など 捨ててしまえばいい
そう思っているのに
君がくれた言葉がいとおしい
まだこんなものにすがって立ち上がって

ここにいて手を離さないで
どこに行っても誰かいるって思ってた
昨日の静寂が僕にそれは違うって それは違うって

ここにいて手を離さないで
どこに行けばまた君に会えるんだろう
明日の静寂に僕は 僕はここだって
僕はここだって …言うから