幸せは 何故いつも

涙になって流れるの

掴まって 掴まって

あの人に

わたしを
 
嫌いにならぬよに

泣いて

まくらに 春の雨