1
いつまでも 浚って



雨降る 恋い 



愛しい 夢をみました 



私を ただ見つめてる



如何したのと言う 私



貴方は微笑みかえした



薄っすら



夢が消えていった ・・